日記:電気

2010年2月21日 (日)

ローカルなサイマル放送

ふとJ-WAVEが聴きたくなって、
Peercastに頼ってみるも回線が安定せず、ぶちぶち(´・ω・`)

ベランダだと聞ける環境にはあるので、
外なら聞けるのですが、
家の中だとS/N比が1くらいになってしまいます。
アンテナを外に出せればそれが一番なんですが、
引き回しなど考えると気合が必要です。

早くサイマル放送されないかなー( ´-`)

・・・

ヒラメイタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

一旦、外で受信した放送をサイマル放送させればいいじゃないか!

ということで、ポータブルのFMラジオとFMトランスミッタをベランダに放り出し、
家の中ではFMトランスミッタの周波数に合わせることをしてみました。

v( ̄Д ̄)v

FMトランスミッタと室内のオーディオは直線で3m程度。
しかも、見通せる位置にあるので、シグナルは十分。
片や、ポータブルの方もそれなりにJ-WAVEを受信してくれるので、
ローカルなサイマル放送実現。

もっと早く気が付けば良かった-_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

パルス充電後のバッテリー取り付け

20100124 1週間、パルス充電したバイクのバッテリー。
一時的に充電を止めて、12.8Vまで落ちたところで再度充電すると、
1.4Aくらい一気に流れました。
充電器の制限電流なのでもっと流れるのかも知れませんけど、
満充電状態からでもそれだけ流れるということは、
内部抵抗が小さくなっているということでしょう。

バイクに取り付けて、セルスタートしてみると、
普通にエンジンは掛かりました。
でも、思ったより元気には回ってくれず。

もう5年ほどになるので、寿命と言えば寿命ですけど、
また適当なところでパルス充電してみて
どこまで延命できるかやってみたいと思います( ´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

バッテリーの回復措置

冬場になると鉛蓄電池は弱ってきます。
しばらくバイクに乗っていなかったので回復のため、
パルスを与えながら充電することにしました。
1年ほど前に同様の措置を取っていますが、
どれだけ劣化が進んだかある意味楽しみです。

とりあえず現状でセルがぎりぎり回る程度まで弱ってました。
1ヶ月ぶりなので無理もありません。
取り外して無負荷時の起電力を求めてみると、12.6Vでした。

自家製の定電圧・定電流充電器につなぐと、
700mA程度流れて設定電圧の13.68Vに。

ここでバッテリーの内部抵抗を求めると、バッテリーの劣化状態がおおよそ分かります。
無負荷で12.6Vだったということは、バッテリーその物の起電力を表します。
そのバッテリーに700mA流れると端子間電圧が13.6Vになったので、
約1Vが電流が流れたことで発生した電圧になります。
したがって、内部抵抗Rは
R = 1[V] / 0.7[A] = 1.4[ohm]
となります。

酷く劣化しています・・・(;・∀・)

鉛蓄電池は新品の時で内部抵抗が0.1ohm以下と言われています。
私のバッテリーで1Aも流せば1.4Vの電圧降下が発生するということになります。
この状態でよくセルが回ったなぁと感心しますよ。

1週間ほどパルスとフロート充電を行って様子を見ます。
前回ではこれで劇的な回復を達成できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)