« KeePerコーティング | トップページ | インフルエンザB型 »

2011年3月22日 (火)

地震発生からこれまでを振り返る

この度の震災に際し、
被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
また、ご親族やご友人などとご連絡が付かず、
不安な日々を送っておられる方も多いかと存じます。
ご心中お察しいたします。

私は当日職場におり、
幸いにも直接的な被害はありませんでした。

私自身として今回ほどの大きさの地震を今までに経験したことがなく、
学ぶことが多かったです。
また、被災地や被災者に対してあまりにも無力であることを実感させられました。
出来ることは祈ることと募金くらい。
そして、普段通りに生活を戻し、経済を回すことに貢献すること。

微力ながら復興に協力する気持ちを持って、生活をしていきたいと思います。


気持ちを切り替えまして。。。

記憶や気持ちが薄れる前に、
振り返りをしておこうと思います。
当日の現象や行動などを思い出しながら綴って行き、
最後に自分の行動について悪かった点、良かった点などを書きます。
まとまりがあまりないですが、
とりあえず記憶が新鮮なうちに記録しておこうと思います。

地震発生時に私は職場に居ました。
ゆっくりとした揺れに気づき、隣の方と「地震ですね〜」という話をしていました。
しかし、今までなかった現象として、下からつつくような「コンコンコン」という微細な衝撃がありました。
「下の階で誰か暴れているんですかね〜(笑」なんて話をしていた時、
突然大きな揺れが襲ってきました。
震度4くらいの感覚だったと思います。
さすがに周りもざわついて、大きいぞと思っているとさらに揺れが大きくなり、
停電して部屋が暗くなりました。
その後、さらに揺れが大きくなり、座っている椅子がひとりでに移動し始め、
天井からミシミシという音が聞こえて、いたたまれなくなり机の下に体を放りこみました。
キャスター付きのサイド机がひとりでに動き始めたりして、
身の危険を本気で感じたのは生まれて初めてのことでした。

体感的には1,2分で揺れが収まり、机から出たときには手が震えていました。

iPhoneのゆれくるAppで調べてみると、
宮城で震度6強と出ており、
周りでは電話を掛ける人がいましたが繋がらない様子でした。

会社の指示で外の駐車場に避難し、
建物の状況把握や人員の安否確認などが行われました。
その間、ワンセグで情報収集をしようとしましたが、停電の影響か入ってこず。
この時、唯一の情報源がTwitterのタイムラインでした。
いつもよりもかなり速いペースで流れるTL上に、
誰かがテレビの放映内容を撮影したものを投稿されていて、
そこで初めて津波により壊滅的な被害が発生している場所があることを知りました。
15時半頃、さらに大きな余震があり、立っているのにバランスが取れない状態にもなりました。
この時の震源は茨城県沖ということで、震源が南下しているという恐怖感を持ちました。

業務停止の指示が出て、帰宅する人、残る人に分かれることとなりました。
この時、私の地域では停電しており、JRが動いていないという情報までは取得できていました。
残るくらいなら意地でも帰ってやる、という思いで隣駅へ歩くことに。

先輩社員と一緒に隣の駅まで歩き、そこで一旦経路を確認。
鉄道はすべて運休。
人で溢れかえっていました。
コンビニや自動販売機は飲食物がほとんど売り切れ。
飲み物がない状態になることをおそれ、残っていた缶コーヒーを2缶買いました。
移動手段がバスかタクシーしかなく、
タクシーは長蛇の列。
横浜行きのバスも300人くらいの列ができており諦め。
保土ヶ谷行きのバスが50人くらいの列で待てそうだということで、
保土ヶ谷へ向かうことに。
幸い、バスには座ることができたのですが、18時過ぎから21時半まで乗って
それでも保土ヶ谷駅へは到着することができず、
大半の乗客が途中で降りることとなりました。
ただ、保土ヶ谷には電気が来ていて少し安心できました。

降りたバス停から保土ヶ谷へ向かって歩く途中のスーパーで、
非常食としてスナック菓子とペットボトル飲料を購入。
再び駅へ向かって歩き、
22時半頃に保土ヶ谷駅到着。
国道1号線の渋滞は酷く、全く動かない状態になっていました。
車の飽和に加え、ガス欠で停止した車が路上に放置され、
それが渋滞にさらなる拍車をかけている様子でした。

保土ヶ谷駅周辺で朝までやっている飲み屋を探して、
食事と暖を取れる場所を確保。
飲み物、食事、水道、電気、暖房、といったことがこれほどありがたいことなんだと
しみじみ思いました。
飲み屋も仕入れなどが滞ったようで、メニューのいくつかは欠品になっていましたが、
それでも暖かい食事を取れることに感動しました。

午前1時半くらいまでここで過ごします。
この間に最寄り駅までの路線で終夜運転が始まっている情報を得て、
横浜方面へ移動を開始します。
その後、無事に3時過ぎに寮までたどり着くことができ、
一安心することができました。

12時間近く帰宅にかかったわけですが、
結果的に帰宅できましたし、特に危険はありませんでした。
ですが、振り返ってみれば誤った行動も多かったと思います。
その辺について振り返ります。

■帰宅判断がそもそも誤りだった
帰りたいという思い、帰れるという思い上がりがありました。
・いつ余震が来るかわからない
・安否確認の確実さ
そういったことを考えると、安全が確保できた時点で居残りを選ぶべきだったと思います。
停電していたため不便ではありましたが、
安全性を優先すれば残るべきだったでしょう。
また、あとで聞いた話では会社に非常食や毛布などの備蓄があったそうです。
それが十分だったかどうかはわかりませんが、
会社としても一昨年頃から準備をし始めていましたし、そういうのに頼ることも必要だったと思います。

■2人で移動した
先輩と一緒ではありましたが、人数が少ないのも問題かと思います。
5人くらいのグループを編成すべきだったような気がしています。
結果として、道中に危険な事象がなかったので問題にはなりませんでしたが、
大きな余震、壊滅的な被害が発生しているような状況を想像すると、
2人では対処できないような場合もあったのではないかと思います。

上記の2点が自分の行動について反省すべき点だったかな、と思います。
また、偶然により助けられたことも多くあります。
今度はその点について書いてみます。

■最初の移動先を電気のある場所にした
停電した地域に居ましたが、日が暮れてくるにつれ周りで不安が高まるのを感じました。
水道も止まってしまい、ライフラインが止まっている状況というのは非常に怖いものです。
地震直後、神奈川県で通電していたのはかなり少ない地域で、
保土ヶ谷はそのひとつとなっていました。
通電地域に入ると普段と同じような雰囲気で、
コンビニなどは平常通り営業していました。
私自身、照明が付いている街をみてほっとしたのを覚えています。

■通信端末を充電していた
私の携帯端末としては、Softbank携帯、iPhone、Pocket Wifiの3つがあります。
iPhoneは前日からフル充電を行っていて、Pocket Wifiはたまたま会社で充電状態においていました。
(Pocket Wifiは普段会社で充電していない)
この2点があったからこそ、情報から寸断されることなく、
帰宅までの間に情報を十分得ることができました。

■充電端末を持っていた
Pocket WifiがiPhoneを使う上で要となるため、eneloop boosterを持っていました。
深夜遅くまでPocket Wifiの電源を持たせることができたのはこのためでした。
最悪はiPhoneの3G回線を使うこともできるのですが、
iPhoneのバッテリーが切れては意味がないので、これは最後の手段に残すことができました。

■複数の移動回線を持っていた
DoCoMoやAU、Softbankなどは音声通信とPacketの両方が膨れ上がり、
ネットへのアクセスも大分繋がりにくい状況にあったようです。
Emobileの回線を持っていたため、そういった影響は受けず、
ネットでの情報収集に支障が出ませんでした。

他にも、
・地震発生時にドアを開けるなどして経路確保を行わなかった
・避難するときにまた戻ればいいと思い持ち物を十分に持たなかった
 (大きな余震が来て建物が崩れる可能性を考えてなかった)
・防寒が不十分だった
 (週末が暖かくなるとの予報だったのでその日にしては薄着だった)
など、悪い点はいくつか出てきます。

地震発生直後に考えたこととしては
・やはり住むなら会社の近くかな
・アマチュア無線の免許があるのだから開局しようかしら
・AM/FMラジオは持っておこう
といったことですね。

日頃からの備えが如何に重要か。
そして、如何に今までそういったことを考えてなかったか。
これからはそういったことを意識していかないといけませんね。

|

« KeePerコーティング | トップページ | インフルエンザB型 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521243/51190846

この記事へのトラックバック一覧です: 地震発生からこれまでを振り返る:

« KeePerコーティング | トップページ | インフルエンザB型 »