« CD購入「君の知らない物語 / supercell」 | トップページ | DEH-P01とポータブルHDD »

2010年8月12日 (木)

DEH-P01を使い始めて約1ヶ月

20100811_02

車のオーディオをDEH-P01 + morel Hybrid Ovation II 6にしてから、
およそ1ヶ月が経ちました。
車に乗って音楽を聴くのが楽しくてしょうがなくなる、そんな感じです。
いろいろ不満も出てくるわけですが、
その辺は調整やらNext Stepということで。

ちょっとレビュー的なことを“ぐだぐだ”書いてみたいと思います。

carrozzeria DEH-P01ですが、
ハイエンドオーディオの入門機としてかなり認知されている機種らしいです。
最初からセパレートタイプのアンプでしかも6ch出力。
パッシブネットワークを使わないでLow + Mid + Highを直接コントロールできるので、
かなりポテンシャルが高いとのこと。
カタログスペックは本家や他の方々に任せるとして・・・。

まず無駄なものを極力省いたところが個人的には好感を持っています。
同社のほかのデッキだと、ディスプレイが華やかですが、運転中は見ないので。。。
DSP機能もサウンドレトリバーだけ。
音場設定やBBEなどもありません。
実家の車にはDEH-P099が積んであるのですが、
これをベースに考えると、恐ろしく機能はありません。
たぶん、DEH-P01は3wayのシステムにしたときに真価がわかるんでしょうね。

ちなみに、Auto Time AlignmentやEQはDEH-P099で大変お世話になりました。
お手軽にオーディオ環境の改善が図れますからね。
DEH-P01の方はインストール時の調整で手入力されていますから、
自動調整機能がどれほどのものかわかりません。

さて、morel Hybrid Ovation II 6の方はというと、
大分柔らか味のある音になってきました。
スピーカー以外のエージング効果というべきなんでしょうけど、
未だに信じられません・・・。
とはいえ、実感はしているので現象としては起こっているんでしょうね。

ただ、インストール時に比べてバランスが崩れたように感じます。
中域が盛り上がって少々うるさい感じが。。。
楽器数の少ない曲ではさほど違和感はないのですが、
賑やかな曲は一層賑やかになってしまう感じです。
変化が落ち着いてきたら調整に出すことにします。

MP3ならUSBメモリにいっぱい入るぜ、と意気込んで入れたんですが、
曲によっては違和感というか聴きがたい音になってしまいます。
無理にHighを持ち上げたような音で耳に突き刺さる感じがするんですよね。
シンバルロールやキラキラした音が顕著にそうなってしまいます。
たぶん、粗まで再生してしまうだけの能力があるんでしょうね。
Waveで聴くともちろんこれは大丈夫なわけで。

HDD行っちゃう?(=゚ω゚)ノ

CDの出し入れは面倒ですし、もともとこれが頭にあったんですけどね。
図らずともそうなるしかないようです。

HDD探しからやらないとねぇ。

|

« CD購入「君の知らない物語 / supercell」 | トップページ | DEH-P01とポータブルHDD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日記:写真」カテゴリの記事

日記:車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521243/49131214

この記事へのトラックバック一覧です: DEH-P01を使い始めて約1ヶ月:

« CD購入「君の知らない物語 / supercell」 | トップページ | DEH-P01とポータブルHDD »