« 東北新幹線のトンネル | トップページ | 狭山の道 »

2009年11月14日 (土)

利便性を優先し過ぎた風景

電車内で携帯電話を扱う人が随分増えました。
私も最近はその中の一人になったわけですが、以前の自分は今の自分をよく思わないでしょう。

少し前までは電車内で携帯とひたすらにらめっこする風景を異様だと感じていました。
それが今ではその異様な光景の一部になっているのですから、なんとも・・・

利便性というのは怖いなと思います。
メリットが大きければ信念まで曲げられ兼ねないと。

ただ、今でも異様に思う光景があります。
子供を連れた大人が子供の話し掛けに空返事しながら携帯を操作する様や、
友達といるのにお互い携帯を操作したまま無言だったりするところなど。
カップルでも同じような光景を見たりしますね。

特に子供を連れた親がひたすら携帯操作に没頭する様子は見ていて痛々しいです。
子供の受ける印象などを考えると悪影響は確実な気がします。

人とライブでコンタクトが取れるときくらい、携帯の存在を忘れたいですね。

|

« 東北新幹線のトンネル | トップページ | 狭山の道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日記:その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521243/46759098

この記事へのトラックバック一覧です: 利便性を優先し過ぎた風景:

« 東北新幹線のトンネル | トップページ | 狭山の道 »