« 今日だったの!? | トップページ | ASUS A8N-E チップセットクーラ交換 »

2008年12月29日 (月)

TR-10RDXの要求電圧は?

昨日に続き、FMトランスミッタの話題です。

20081229_01

気になりすぎて、パカッとやってしまいました。
BH1416というICが肝な回路なんですが、
このICの駆動電圧が5Vなんですよね。
9Vの入力に対して、あまりにも低すぎる感じがしたので、
これはどこかにレギュレータが入っているのでは?と。
それに、純正のアダプタがトランス型で安定化されていないものであること、
100mA定格だけでなく、300mA定格でも動作することなどから、
レギュレータの存在はほぼ確実だったんです。

ありました( ̄ー ̄)ニヤリ

20081229_02

電源スイッチの近くに、「78L05」がありました。
これで5Vを作り出しているんですな( ´ー`)

昨日の電池の消耗からして、
この回路の消費電流は20~50mA程度と推測されます。
したがって、9Vの場合、4Vの降圧ですから、
80~200mWを捨てているわけで、、、
放熱器なくて大丈夫なんでしょうか・・・?

レギュレータの入力電圧は7Vほど必要なようなので、
逆接続防止用のダイオードの電圧降下を考慮すると、
電源としては8Vくらい必要みたいです。

で、アダプタ。

20081229_03_2

7Vのトランス型があったので、多分動くだろうと。
エイヤッと繋いで、動かしてみました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

20081229_04

そんなにノイズも乗らないので、
家で使う分には十分いけそうです。
何より電源電圧が低いので、
レギュレータでの発熱が少なくなり心臓に優しい(?)です。

単3や単4で外部電源を作る場合は、7~8Vを入れてやれば良さそうです。
NiMHを使うとしたら6本(7.2V)でいけるかな。
終端電圧の6Vに達する前に、ダイオードかレギュレータが止まるはずなので、
過放電の心配もなさそうです。

うーん、久しぶりにワクワクしてしまいました(´∇`)

|

« 今日だったの!? | トップページ | ASUS A8N-E チップセットクーラ交換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521243/43570730

この記事へのトラックバック一覧です: TR-10RDXの要求電圧は?:

« 今日だったの!? | トップページ | ASUS A8N-E チップセットクーラ交換 »